★『サムライジャパン命名者 平方彰(元電通/ 日本eスポーツ連合理事)(渋高昭和55年卒)/ 『成功を呼ぶ ネーミングの技術』(竹書房)を刊行案内★

『成功を呼ぶ ネーミングの技術』←書籍の詳細は、ここをクリック

出版社内容情報:

強い思い入れと、
わかりやすさが
反響を生む!

『SAMURAI JAPAN』と『eスポーツ』で、
流行語大賞・優秀賞を二度受賞した著者が、
ネーミング力を養う5つの方法を伝授する。

@ アンテナを張る
A CMに学ぶ
B 常に疑問を持つ
C 自分なりに結論を出す
D 未来をイメージできるかどうか

著者は、以下のように述べています。

本書では、私がキャリアの中で培ったネーミングに関するノウハウと考え方を、いろいろな側面から見て考えるお手伝いができるよう、余すところなくお伝えするつもりです。
お子様やペットの命名、新しく始める店舗名、開発した新商品の名前、より集客を増やしたいイベント名、興味をそそられる企画書のタイトル……etc。絶妙なネーミングというのは、人物、商品、企画等の未来を大きく好転させるものです。
みなさまが日常やビジネスの中で体験するネーミング作業に、本書が少しでもお役に立てたら幸いです―――本文より
 

平方彰プロフィール
1961年群馬県渋川市出身 早稲田大学教育学部卒業 
1984年株式会社電通入社 
1989年スポーツ文化事業局でスポーツの担当 
1996年野球担当 2002年電通スポーツ局企画業務部部長 
2013年電通スポーツ局次長 
2015年局次長兼株式会社ジエブ取締役COO 
2017年一般社団法人日本eスポーツ連合の専務理事(〜現在) 
2018年スポーツビジネスコンサルタント会社経営(〜現在)

日米野球、MLB(メジャーリーグ・ベースボール)の日本開幕戦をはじめとした数々のビッグイベントにおいて、
企画・営業の第一線で活躍。WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)では「SAMURAI JAPAN」のネーミング
を考案し、さまざまなスタイルのビジネスを展開。2007大阪世界陸上招致の成功や現東京マラソンの基盤作り・開催。
選手契約(石川遼、羽生結弦、村田諒太ほか)マーチャンダイジングなどを手掛け、電通スポーツ局の中心人物として
業務する。2016年末、早期優遇制度により電通を退社。現在コンサルタント会社を立ち上げると共
に日本eスポーツ連合の専務理事として従事する。