★渋川清彦さん出演の映画、「偶然と想像」がベルリン国際映画祭で、「銀熊賞」受賞★

渋川清彦「やったぜ濱ちゃん」ベルリン銀熊賞に歓喜←詳細は、ここをクリック

世界3大映画祭の1つ、ベルリン映画祭の各賞が5日、オンラインで発表され、濱口竜介監督(42)の
「偶然と想像」が最高賞の金熊賞に次ぐ審査員大賞(銀熊賞)に輝いた。「『審査員からの賞』が
贈られたことを心からうれしく、誇らしく思っています。撮影中ずっと、役者の演技を見ながらカメラ
の後ろで驚いていました。その驚きが海を超えて伝わったことに感激」とコメントを発表した。

「偶然と想像」は3話構成のオムニバス映画で、濱口監督初の短編集。脚本も自ら手掛け、
19年夏から約1年半をかけて製作した。同監督は18年に監督作「寝ても覚めても」を
カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品。20年のベネチア映画祭で銀獅子賞(監督賞)
を受賞した黒沢清監督の「スパイの妻」では、野原位氏とともに企画と脚本を担当。近年、
世界3大映画祭のコンペ部門への出品が相次ぎ、日本映画の次代を担う逸材として世界から注目されている。

日本の公開時期は未定だが、第2話「扉は開けたままで」で芥川賞を受賞した大学教授を演じた渋川清彦(46)は
「やったぜ!濱ちゃん、おめでとう!常に進歩しながらも変わらない濱口節というか濱口竜介が好きです。
ベルリンの地で祝杯をあげたかったが仕方がないので、PCR検査を受けて東京で祝杯をあげたいところですね。
これからも希望をみせてください。この作品に限らず声をかけてくれてありがとう!またよろしく!」と祝福した。